工作工房製作奮闘記

何でもセルフで工作出来るように、古民家に工房を作っています。

あっさり味付け 鳥もつ煮

 工房での昼食は、夏野菜も煮込んだ、あっさりと味付けした「鳥もつ煮」を調理して見晴らしの良い軒下レストランで美味しく頂きました。

もつ煮と言えば、酒の肴の定番ですが、おかずにもなるように、ピーマンやししとうを一緒に煮込んで優しい味にしました。

f:id:kon3815:20210731002906j:plain

鳥のもつ煮 おかずになるように、あっさり味にしました。

 

f:id:kon3815:20210731003000j:plain

食材集め 買った鳥モツに、家庭菜園て取れた、ピーマン、ししとう、ナス

 

f:id:kon3815:20210731003148j:plain

醬油と料理酒、砂糖を煮詰めた後に鳥モツを食べやすい大きさに切って入れる

 

f:id:kon3815:20210731003339j:plain

モツが煮込んできたら、ピーマンと、ししとうを入れる

 

f:id:kon3815:20210731003441j:plain

煮汁が無くなるまで煮込んだら完成

 

f:id:kon3815:20210731003518j:plain

モツ煮込みの合間に、超特急仕上げのナスの漬物を作る

長茄子を3つに裁断、さらに4分割して、4つをまとめて力一杯握って、水分を出す。

これを3回繰り返し、塩でもんで、軽く水洗いして出来上がり 5分で完成

 

f:id:kon3815:20210731003935j:plain

完成した、ナスの漬物

 

f:id:kon3815:20210731004025j:plain

皿に、盛って、ご飯や漬物、麦茶で頂く。 デザート付 ☆

 

f:id:kon3815:20210731004151j:plain

今日の軒下レストランは、晴天で暑い、爽やかな風も時折吹いてGood 

 

猛暑でも収穫は順調

 晴天・猛暑続きですが、家庭菜園の野菜は成長し、収穫も順調です。

毎日、水やりし、限界状態ですが、ミニトマト、ナス、キュウリ・・・・毎日収穫が楽しいです。棒のようにスラット伸びたきれいなナスも収穫できました。

キュウリは、7/13に植えた第三世代の苗に雌花が咲いていて頼もしいです。

f:id:kon3815:20210730000758j:plain

スラットと伸びた綺麗なナスが出来ました。 ☆☆

 

f:id:kon3815:20210730000927j:plain

葉っぱが巨大になり垂れ下がっている里芋。 傘になりそうな大きさ

 

f:id:kon3815:20210730001057j:plain

キュウリは第二世代を収穫中、第三世代も1mを超える高さに成長

 

f:id:kon3815:20210730001236j:plain

第三世代のキュウリのつるに雌花が咲いた。 ☆☆

 

f:id:kon3815:20210730001343j:plain

ししとう、鈴なりになっております。

 

f:id:kon3815:20210730001424j:plain

ミニトマト、収穫のピークになりました。

 

f:id:kon3815:20210730001510j:plain

今日の収穫 各種取れるのが嬉しい。

 

f:id:kon3815:20210730001639j:plain

じゅりちゃん、今日は遊んで欲しいようで付きまとわれる。

 

さつま芋とミョウガの天ぷら

 昨年の秋に収穫した、さつま芋ですが、玄関に箱づめで置きっぱなしにしていた物を確認の意味も込めて、昼食時に天ぷらにしました。何とか越冬したみたいで美味しく頂きました。ついでに、畑や古民家の林の片隅で取れた早生のミョウガを加えて、天ぷら定食にしました。

f:id:kon3815:20210729000510j:plain

さつま芋の天ぷら 昨年の秋に家庭菜園で取れた芋を使用

 

f:id:kon3815:20210729000703j:plain

食材を集める さつま芋(鳴門金時)、ミョウガ、ナス、ピーマン

 

f:id:kon3815:20210729000755j:plain

下ごしらえ 天ぷらに適した厚さに切る

 

f:id:kon3815:20210729000848j:plain

さつま芋は、皿に乗せ、電子レンジで500W、5分間温めておく

 

f:id:kon3815:20210729001000j:plain

さらさらの衣を付け、薄い色が付く程度にサラッと揚げる

 

f:id:kon3815:20210729001118j:plain

他の野菜も、サラッと揚げ、皿に盛り付けして軒下レストランで頂く。

 

f:id:kon3815:20210729001238j:plain

昨日は、土用の丑の日だったので、ウナギの肝焼きを併せて頂く

 

灼熱の太陽を浴びる畑

 梅雨明けして、高温の晴天が続き、家庭菜園は灼熱の太陽で焼かれています。

水やりでは限界があり、葉が枯れたり、しおれたり、とても可哀想な状況になりました。そろそろ夕立を期待したいですが、当分の間望めそうもありません。

f:id:kon3815:20210728000519j:plain

灼熱の太陽で枯れたトウモロコシ 収穫は既に終えているが・・・

 

f:id:kon3815:20210728000643j:plain

水分の少なくて済むトマトも枯れ葉が目立つようになった。

 

f:id:kon3815:20210728000758j:plain

ナスは、水不足のサインが出たまま・・・★★

 

f:id:kon3815:20210728000858j:plain

地面が乾き成長不良のオクラ

 

f:id:kon3815:20210728001049j:plain

ゴーヤの棚 枯れ葉が目立ってきた。

 

f:id:kon3815:20210728001152j:plain

キュウリは、第二世代のが、収穫出来ている。

 

f:id:kon3815:20210728001304j:plain

ニラは、10日前に刈り取った後から新芽が出ている。

 

f:id:kon3815:20210728001451j:plain

キュウリ、ゴーヤの収穫 良いのが取れています。

 

f:id:kon3815:20210728001550j:plain

ミニトマトは大量収穫です。今が最盛期 ナス、ししとうも好調

 

f:id:kon3815:20210728001705j:plain

じゅりちゃん 風通しの良い石畳の上でくつろぐ

 

セミの抜け殻コンテスト

 梅雨明けしてから、我が家の庭でも、セミの抜け殻を見かけるようになりました。

殻の形からして、どうもクマゼミのようです。以前は、ニイニイゼミアブラゼミの殻が多かったのですが、ここ10年くらい前からは、クマゼミオンリーになりました。

 朝早くから夕方まで鳴き声がうるさくて、暑さを増加させています。

f:id:kon3815:20210727002723j:plain

梅雨明けしてから、セミの抜け殻が多く見受けられる。

 

f:id:kon3815:20210727002847j:plain

庭の南東部、手入れが行き届かず森のように。セミがたくさん集まる場所

 

f:id:kon3815:20210727003028j:plain

抜け殻 その1 植木鉢の葉にしがみついている。

 

f:id:kon3815:20210727003214j:plain

抜け殻 その2 マキの木をよじ登り、細い枝で羽化

 

 

f:id:kon3815:20210727003601j:plain

抜け殻 その3 門柱をよじ登り、インタホン近くで羽化

 

f:id:kon3815:20210727003816j:plain

抜け殻 その4 ブロック塀をよじ登り、最上部で羽化

 

f:id:kon3815:20210727183300j:plain

抜け殻 その5 サクランボの木で

 

f:id:kon3815:20210727183408j:plain

抜け殻 その6 月桂樹の枝にて

 

f:id:kon3815:20210727183451j:plain

抜け殻 その7 モッコウバラの細い枝にて



f:id:kon3815:20210727004155j:plain

モッコウバラの住人 クマゼミ、常時10匹くらい生息する

 

f:id:kon3815:20210727183553j:plain

ハナミズキの幹につがみつく、アブラゼミ

 

畑は水不足

 家庭菜園では、結構長い間、雨が降っていません。晴れた日は毎日、ジョロで水やりしていますが、暑さで蒸発することもあり、野菜たちは水不足のサインです。

流石にトマトは元気に育って、毎日たくさんの収穫があります。遅くに植えたかぼちゃが実が付いて大きくなりつつあります。

f:id:kon3815:20210726001851j:plain

カボチャが大きくなりつつあります。

 

f:id:kon3815:20210726002047j:plain

広がりを見せるカボチャのつる。 水不足のサイン

 

f:id:kon3815:20210726002148j:plain

日本古来の、えびすかぼちゃ

 

f:id:kon3815:20210726002241j:plain

着果してして間もない、かぼちゃ

 

f:id:kon3815:20210726002326j:plain

第三世代のキュウリ苗 高さ1mまで成長 お盆ころから収穫予定

 

f:id:kon3815:20210726002436j:plain

ミニトマトは、水不足でも元気 たくさん完熟している。

 

f:id:kon3815:20210726002548j:plain

ミニトマト 赤くなった実がたくさん 収穫しながら食べている。

 

f:id:kon3815:20210726002702j:plain

今日の収穫 ミニトマトししとう、ピーマン

 

f:id:kon3815:20210726002747j:plain

収穫そのⅡ ナス、ゴーヤ、お化けキュウリ

 

f:id:kon3815:20210726002852j:plain

じゅりちゃん 読者の皆さん、暑中お見舞い申し上げます。

 

新鮮薬味で食べる、ざるそば

 暑い日が続くと、身体もバテ気味です。そのような時の昼食は、消化の良い、ざるそばがぴったりです。また、消化と栄養の吸収の手助けとなるのが薬味です。

 里山には、常時薬味となる素材を植えていて、ざるそばに合いそうな、ミョウガ青じそ、山椒を摘んで薬味として美味しく頂きました。

f:id:kon3815:20210725001529j:plain

昼食で、ざるそばを頂く 刻み海苔や山椒の葉で香り付

 

f:id:kon3815:20210725001732j:plain

古民家、木陰に早生のミョウガを植えている 宿根草で毎年取れる

 

f:id:kon3815:20210725001922j:plain

木陰に山椒の木を植えている。

 

f:id:kon3815:20210725002019j:plain

半木陰に青じそ(青葉)を植えている これも宿根草

 

f:id:kon3815:20210725002212j:plain

市販の即席ざるそば麺と、取りたての薬味

 

f:id:kon3815:20210725002328j:plain

ミョウガと、青じそは薄く刻んで、お皿に盛り付け

 

f:id:kon3815:20210725002438j:plain

お湯が沸騰したら、即席めんを入れて茹でる。

 

f:id:kon3815:20210725002546j:plain

茹で上がったら、ざるに取り、充分さらして冷たく冷やす

 

f:id:kon3815:20210725002703j:plain

ざるに盛り、そばつゆ、薬味と共に頂く。

私流の食べ方をご紹介

1.麺をそばつゆのみですすって食べる。(ワサビはつゆに溶かさない)

2.ワサビを麺に乗せ、絡ませてそばつゆを付けて食べる。

3.薬味を1品づつ、そばつゆに入れて絡ませてながら食べる。

※それぞれの間でおにぎりを食べながら、じっくり味わう。