工作工房製作奮闘記

何でもセルフで工作出来るように、古民家に工房を作っています。

工作室の照明器具を取替

 工作工房の工作室は、今まで裸電球1個の照明でした。夜間は居ないので曇りや雨の日に暗い室内の時に照明が必要くらいでした。しかし、先日真空管式アンプを製作している時は細かい作業で明るさが足らず閉口しました。

 自宅のリビングの照明をLEDに変えた時に撤去したサークルラインの照明器具を工作室に取りけることにしました。

 工作室は、平たい天井が無く、丸太の梁に付けなければならず一工夫が必要でした。

 

工作室は今まで、裸電球1つだけの照明でした。 暗い日に工作するには照度不足でした。

 

 

自宅のリビングの照明器具を取り換えた時に取り外したサークルラインの照明器具を保管していたので、これを工作室に取り付けることにしました。

 

 

40Wと、20Wのサークルラインを取り外して、どのように取り付けるか検討します。

この照明器具を取り付けるには、電気工事士の資格を持った人が行う必要があります。

※こんちゃんは、有資格者なのでその点は問題無し。

 

 

照明器具は、部屋全体に光が行き届くようにするため、梁の下に取り付けなければなりません。梁には直接取り付けることができないので、四角い板を張り付けます。板の一部に電線の導入口の切り込みをします。

 

 

照明器具を張り付けた板に取り付けます。 重たいのと、高い個所の作業で一苦労しました。

 

 

照明器具の電源接続端子に100Vの電気の線を接続します。(灰色のケーブル)

 

 

40Wと、20Wのサークルラインを取り付けます。 この機会に20Wのサークルラインと、40W用のグローランプを新品に取り換えました。

 

 

点灯試験をします。 明るく輝きました。 ※照明器具にカメラの照度が追随するので部屋が暗く写っていますが、実際はとても明るくなりました。

 

 

最後にカバーを付けて、作業完了です。 これで暗い日の工作もストレスなく出来るようになりました。

 

 

裸電球と配線器具の取り外しをしました。 マイナスネジが使われており、配線器具は昭和40年代ころの物らしい・・・ 電球は、LEDランプだったので保管することにしました。

愛媛甘とろ豚キムチ鍋と、焼き飯

 またまたスーパーマーケットで珍しいパック品を見つけました。「愛媛甘とろ豚キムチ」で2割引きのシールが貼ってあり、早速購入して工房での昼食にしました。併せて焼き飯も調理しました。

 1月25日の記念日は、最低気温の日でした。それに合わせるように工房に朝着いた時はマイナス2度で今年一番の寒さでした。積雪もあり冬景色の中の工房でした。幸い水道は出たので調理には支障がありませんでした。台所のテーブルで美味しく頂きました。

 

最低気温の日、工房での昼食は、愛媛甘とろ豚キムチ鍋と焼き飯を調理します。

 

 

初めて食する「愛媛甘とろ豚キムチ鍋」のパックを開けるとたっぷりの豚肉と野菜が入っていました。

 

 

一人鍋に具材を剝入れて電気コンロで調理します。 スープは煮凝りの様になっていました。少し水を加えて炊いていきます。 持参した豚肉とキャベツを追加しました。

 

 

スープが溶けて、沸騰しかけたところで、焼き飯を並行して調理します。

 

 

焼き飯に入れる具材をみじん切にします。 玉ねぎ、人参、キャベツ、豚肉が今日の具材です。

 

 

具材をホットプレートに入れて強火で手際よく加熱します。

 

 

具材がしんなりしたら、ご飯を入れて細かく混ぜ合わせます。

 

 

最後に卵を入れて、強火で手際よく混ぜ合わせます。

 

 

焼き飯が出来たところで、キムチ鍋も炊き上がりました。 美味しそうに出来上がりました。

 

 

双方とも、保温しながら小皿に取ってアツアツで頂きます。 愛媛甘とろ豚キムチ鍋は初めて食べますが、肉は柔らかく出汁は辛みがあつて味付けも最高でした。こんなに美味しい物があったとは知りませんでした。 焼き飯もご飯が一粒一粒程よく分かれて外はパリパリ中はしっとりして上手く調理出来ました。キムチ鍋が辛めだったので焼き飯は薄めに味付けしました。

台所を少し整理・整頓

 先日、工房の台所の流し台を綺麗にしたので少し整理・整頓をしました。

 洗った物を乾かす入れ物は、1つにして見栄えを良くして、ティッシュペーパーやウエットティッシュも揃えました。

 電気コンロの油汚れのガードも少し洒落た物にし明るくしました。電気ポットを清掃して手軽に温かい飲み物が作れるようにもしました。

 今後も都度整理・整頓に努めたいと思います。

 

洗い物を乾かす入れ物は、3つもあって整理が行き届いてなかったので、1つに絞り、使い勝手が良いようにします。

 

 

調理に使った物を洗って入れてみました。 以前よりスッキリしました。

 

 

行きつけのスーパーマーケットで外箱なしのティッシュペーパーを買いました。外箱は使い切ったら捨てるので以前から無駄だな~と思っていました。198円と安かったのも魅力です。

 

 

5つの内の1つを出し、テッシュを出すとこんな感じです。このままで充分使い勝手良いです。

 

 

空になった他社のティッシュペーパーの箱にも入れることが出来ます。 この外箱は使い回しにしたいと思います。

 

 

電気炊飯器の周りに、身近に使う調味料やティッシュペーパーなども並べました。

 

 

ゴミの分別用の箱を作りました。 プラ類、発泡スチロールのトレイ、プラのトレイ入れの3種と、燃やすごみを1つ(これは流し台に近い所に置いた) ビニール袋も箱に入れ、一杯になると直ぐに取り出せます。

 

 

整理中に発見した電気ポットを清掃して、動作確認をする。 動作OKで今後は手軽にお湯が使えそうである。

 

 

100円ショップで、油汚れガードを買ってきました。 少し可愛くなりました。

これからも調理が楽しみである。

博多炊き餃子鍋と、タコ焼き

 スーパーマーケットで、昼食の食材を探していると初めて目にするパックを見つけました。しかも半額のシールが貼られています。

博多炊き餃子鍋」いかにも美味しそうです。餃子2種類に野菜や春雨も入っています。 吸い込まれるように買い物かごに入れました。

 タコ焼きも作る予定だったので、鮮魚コーナーに行くと、タコはモーリタニア産でも高いです、最も安い360円のパックを泣く泣く買いました。

 

工房での昼食は、初めての物を調理します。「博多炊き餃子鍋」美味しそうです。鶏肉も一緒に炊きこむことにしました。 同時にたこ焼きも作ります。

 

 

初めて見た、博多炊き餃子鍋のパック。 中身を見ますと皮餃子と、丸い餃子、野菜たくさん、春雨、底の方に特製の出汁が入っていました。 親鳥の鶏肉も一緒に入れて調理したいと思います。

 

 

親鳥の鶏肉は、煮えにくいので最初に入れて炊きこみます。

 

 

5分間ほど経って、パックの具材を入れて炊きこんでいきます。タコも少し入れました。

 

 

鍋を炊いている間に、タコ焼きを作ります。 キャベツをみじん切りにし、タコを大きくぶつ切りにします。 本場のたこ焼き粉を使います。

 

 

電気タコ焼き機に、たっぷり流し込んで、ぶつ切りの大きいタコを1個づつ乗せます。

 

 

長い爪楊枝2本で、くるくると廻しながら焼いていきます。 

 

 

全面が焼けたら、お皿に盛り付け、たこ焼きソースとマヨネーズをかけ、削り節と海苔をトッピングして出来上がりです。

 

 

炊き餃子も出来上がりました。 いかにも美味しそうに出来上がりました。

 

 

出汁巻き卵、ご飯、ビールも添えて豪華に頂きます。 初めて食べた炊き餃子鍋は最高に美味しかったです。 2種類の餃子は炊き込むことでスープを含んで特に美味しかったです。世の中にこんな美味しものがあるのかと思うくらいです。博多の人は美味しい物を食べていたのですね。( ^ω^)・・・ また食べてみたいです。

たこ焼きは、ご飯の代わりになりました。

ジャガイモ植付の準備

 ホームセンターや種苗店に種ジャガイモが並ぶようになり、大寒もすぎたので家庭菜園にジャガイモを植え付ける準備をしました。

  植え付ける候補地の2個所の耕しと元肥料を施しておきました。植え付けは、2月中旬ごろの予定です。

 超極早生の玉ねぎの球が5cmを超える大きさになりました。近隣のスーパーマーケットでは路地物の新玉ねぎが早くも出回りました。

 

ジャガイモの植付準備をします。 第一候補は、ブロッコリーの収穫の跡地です。

 

 

ブロッコリーと、雑草を取り除きました。 これから耕しをします。

 

 

20cmくらいの深さでしっかりと耕します。 元肥料をして平坦にし、植え付けまで寝かせておきます。

 

 

第二候補地は、コキアが植えてあった跡地です。

 

 

枯草や雑草を取り除きました。

 

 

ここも20cmくらいの深さでしっかり耕し、元肥料をしました。植え付けまで休ませて置きます。

 

 

畑の傍らに植えている超極早生の玉ねぎは、元気に育って葉も大きくなりました。

 

 

白い球が5cmを超える大きさになりました。 2月になったら収穫出来そうな勢いです。

※瀬戸内海のハワイと称される「津和地島」では、路地物の新玉ねぎの出荷が始まり、スーパーマーケットで見かけるようになりました。 いつもながら早いな~~と思っています。

 

 

今日の収穫です。 小さめの大根と、茎ブロッコリーです。 

 

 

畑の気温は、10度。少し風が冷たいですが、じゅりちゃんがいるところ日が当たってポカポカと暖かいです。 眠たくてしょうがないといった感じですね。

マイクロ波・ミリ波帯の無線機点検

 今日はアマチュア無線の話題です。

2月に入ったら、JARL愛媛県支部主催のマラソンコンテストが始まります。このコンテストでは、マイクロ波・ミリ波帯の部門もあって毎年賑わっています。今年は、このマイクロ波・ミリ波帯に参加しようと思い立ちました。

 コンテストが始まる前に、工房に保管している無線機類の点検を行いました。どのバンドも問題なく動作して一安心です。

 

軒下レストラン前に、マイクロ波とミリ波の無線機を並べて、外観や接続コード、動作点検を行います。 各無線機とも大型テレビカメラの三脚(TVT-4)を使って安定な動作を補完します。

左から、5GHz 10GHz 24GHz 47GHzです。

 

 

操作面からの眺めです。 9エリア方向(北東)に向けて据え付けています。

 

 

これは、5GHzの設備です。 市販のトランスバーターに直径50cmのパラポラアンテナを直付けしています。 まるでエンジンの様な無線機です。

富士通製のハイパワーアンプを付加して、空中線電力2Wです。 ローノイズアンプも付いています。 過去に、宝達山碁石が峯に移動した故JA9BE 森OTと500Km超のスパンで交信出来た自慢の設備です。

 

 

これは、10GHzの設備です。 市販のトランスバーターに直径50cmのパラポラアンテナを直付けしています。 これもエンジンの様な無線機です。

NEC製のハイパワーアンプを付加して、空中線電力2Wです。 ローノイズアンプも付いています。

10GHzになると雨や雪、雲などの影響を受けるようになります。なので晴れた日に交信を行います。 今までの記録は、350Kmのスパンで和歌山県に移動した局と交信できました。

 

 

これは、24GHzの設備です。 市販のトランスバーターに直径45cmのパラポラアンテナを直付けしています。 空中線電力50mWです。 

24GHzになると雨や雪、雲などの影響に加えて水蒸気の影響をもろに受け、最も伝搬が不利になるバンドです。運用は、水蒸気の少ない冬場の晴れた日に震えながら行います。 今までの記録は、201Kmのスパンで宮崎県に移動した局と交信できました。

 

 

これは、47GHzの設備です。 自作のトランスバーターに直径45cmのパラポラアンテナを直付けしています。 空中線電力30mWです。 

47GHzになると雨や雪、雲などの影響、水蒸気の影響、さらに空気中の酸素の分子と共振する影響も受け、さらに伝搬が不利になるバンドです。運用は、これまた水蒸気の少ない冬場の晴れた日に震えながら行います。 今までの記録は、52Kmのスパンで大分県に移動した局と交信できました。

 

 

これは、自作の47GHz帯の直径45cmのパラポラアンテナです。 波長は7mmのミリ波、精密な加工が必要で苦労して作りました。輻射器は導波管で放物面を持った副反射でカセグレン型の構造です。

マイクロ波・ミリ波の送信中は、輻射器を見てはいけません。白内障になる危険性があります。なので、運用中は、パラポラアンテナの反対側に立って行います。

 

 

外観点検が終わったところで、5GHzの無線機から順次実動作試験をします。 親機にFT-817を使います。435MHzを5760MHzにアップ変換します。 電源線を接続して無線機のプレスボタンを押すと、トランスバーターが送信状態になって正常動作しました。

FT-817は、小形の上に430MHzでもオールモードで、1200MHz~24GHzのトランスバーターに使って重宝しています。 マイクロ帯でAMモードの交信もおつな物です。

 

 

これも親機に使っているIC-1271で、1200MHz帯のオールモード機。今回の点検でも快調に動作しました。長寿の無線機で新スプリアス規格の認定も受けています。※認定のシールもらっているのに貼っていないのに気が付きました。

 

 

電源は、3個のシール蓄電池を使います。 12Vの24AHを2個、同65AHを1個です。丸一日余裕で運用出来ます。静かで最高です。 インバーターを接続してパソコンやVTRを使うこともあります。

 

 

これらの無線設備を運用する時は、洗車用の丈夫な脚立に棚を一段付加して机兼物置として快適に過ごします。 実験の相手と連絡を取る時は、VX-3のハンディー機を使います。

八幡浜ちゃんぽんと、100円餃子

 行きつけのスーパーマーケットで格安品の「八幡浜ちゃんぽん」と、100円餃子のパックをゲットしたので、工房の昼食として調理してアツアツで美味しく頂きました。

 チャンポンに入れる具材は、自家製のキャベツで増量してフライパンで炒めました。茹でた麺の上にトッピングして、本場で食べる味と同等の美味しさになりました。

 100円餃子の美味しさは、焼き具合で決まります。最近やっとコツをつかみました。

始めパッパッ、後じっくりと焼くと旨く出来ます。

 

半額の「八幡浜ちゃんぽん」と、100円餃子で工房の昼食とします。

 

 

ちゃんぽんのパックには、野菜や肉、カマボコ等が入っていますが、好みでキャベツを増量して、ちゃんぽんに入れる具材の下ごしらえ完了。

 

 

具材をフライパンで炒めます。豚肉も少し追加しました。 野菜がしんなりしたら取り出しておきます。

 

 

餃子を焼きます。パックから取り出し並べて、少し水を入れて蓋をして蒸し焼きにします。

 

 

水分が無くなったら、火を弱めてじっくり焼き続けます。 

 

 

程よいところで、フライパンから取り出し、お皿に盛り付けます。 形崩れも無く、美味しそうに焼き上がりました。

 

 

添付の出汁に少し水を加えて、鍋で温めます。

 

 

出汁が沸騰したら、麺を入れ、再び沸騰したら火を止めます。

 

 

素早く、どんぶりに移して、具材を盛り付け、ネギ、肉、カマボコをトッピンクしてちゃんぽんの出来上がりです。 美味しそうに出来上がりました。

 

 

今日は、雨が降ったので、台所のテーブルで頂きました。

温めたご飯と、大根ナマスも添えて、美味しく頂きました。 本場の店で食べる味に迫る美味しさで上出来の調理でした。100円餃子も美味しく焼き上がっていました。