工作工房製作奮闘記

何でもセルフで工作出来るように、古民家に工房を作っています。

スパイスチキンと、今年最後のざるそば

 台風が去った後、涼しい日があったと思ったらまた暑くなりました。工房での作業で汗もかいたので、昼食はざるそばと、スパイスチキンを調理しました。

 スパイスチキンは、スパイスの味付けしてあるパック製品を使い簡単調理です。ざるそばは、工房に備蓄している乾燥麺が最後の一束になったので、これが今年最後のざるそばになりました。

 

工房での昼食は、スパイスチキンと、ざるそばを調理します。

スパイスチキンは、市販のパック製品で、焼くだけの簡単調理です。

 

 

最初に、ざるそばから作ります。 たっぷりの湯で勢いよく茹でます。

 

 

茹で上がったら、冷水で冷まして、ざるに盛り付け、出汁と薬味を添えます。

暑い日は、最高の料理です。

 

 

次にスパイスチキンを調理します。 ピーマン、万願寺唐辛子、ネギを下ごしらえして、チキンと一緒に焼きます。

 

 

フライパンに、味付け済みのチキンと、野菜を入れて強火で一気に焼いていきます。

 

 

しばらくすると、チキンから、油が出てきて、野菜にも味が伝わり良い匂いがして、スパイスチキンの出来上がりです。

 

 

お皿に盛り付けます。チキンがこんが焼けて、美味しそうに出来上がりました。

 

 

いつもの軒下レストランで頂きます。 遂にセミの声はしなくなりました。コウロギの鳴き声と、鳥の鳴き声、たまにカエルも鳴いていました。気温が29度で、ざるそばも美味しく頂けました。

麦の試し蒔き

 工房の畑に、麦の試し蒔きをしました。今まで麦の種蒔きはしたことがないので試行探後でやって見ることにしました。

 今年5月、スイカの敷きわらとして麦わらをもらった時に落穂拾いをした穂を種麦として使うことにしました。穂から丁寧に種をとりますが、皮が剥けて実だけのようになりました。品種がはだか麦なので、そうなるのかも知れません。

 

農家さんの麦畑で落穂拾いをした麦の穂を使って、お試しの麦蒔きをします。

 

 

拾った場所と時期が異なる2つの穂から種麦を取り出します。

 

 

穂から種を丁寧にとりますが、皮が剥けてしまいます。 品種は、はだか麦。

 

 

畑の空いているところを活用して種を蒔くことにします。

 

 

長く使ってなかったので、土が硬かったですが、何とか種蒔きが出来る土壌になりました。

 

 

種は、ばら蒔きにします。 

 

 

蒔いた後、細かい土を覆って種蒔きの終了です。

※これで上手く芽が出るか見守っていきたいと思います。

 

 

すぐ隣の、九条ネギと、大根の土寄せもしました。 大きく育ってきました。

家庭菜園 大根と、かぶの種蒔き

 家庭菜園、冬野菜の大根と、かぶの種蒔きをしました。夏にトウモロコシを植えていたところを耕して、種を蒔きました。

 くわを使った手作業で耕しは結構疲れます。収穫は、11月下旬になりますが、冬には無くてはならない野菜なので楽しみです。

 

家庭菜園に植える大根の種。JAのスーパーマーケットで買ってきました。一般的な青首の大根です。

 

 

夏にトウモロコシを植えて、しばらく休ませていた畝に種を蒔きます。

 

 

くわ一丁で、頑張って耕しました。 疲れますが、体のトレーニングと思ってやっています。 かぶを蒔く場所も確保しました。

 

 

株間30cmで1個所に3粒づつ蒔いていきます。 収穫時20本となるように蒔きました。

 

 

薄く土をかけて、大根の種蒔き完了。

 

 

続いて、かぶの種蒔きをします。 この種もJAのスーパーマーケットで買ってきました。病気に強い品種と言うのが気に入りました。

 

 

広くした畝にかぶの種を蒔きます。

 

 

株間15cmで、畝に3列で蒔きました。 種が小さいので扱い難い。

 

 

今日の収穫。 まだ夏野菜が取れています。

 

 

じゅりちゃんの横で休憩しました。 おやつを欲しそうに寄ってくるので、パンを一切れあげました。

収穫したサツマイモの天ぷらと、炒飯

 工作工房の昼食は、先日試し取りしたサツマイモを天ぷらして食べました。ついでに家庭菜園で取れた、カボチャやピーマン、ナスも天ぷらにしました。取れたて野菜の天ぷらは美味しかったです。

 天ぷらだけでは物足りないので、野菜の具を使って炒飯も調理しました。軒下レストランで食べていると、清々しい中に、秋の気配が感じられます。

 

天ぷらの食材です。 先日収穫した大きなサツマイモや各種野菜を天ぷらに調理します。

 

 

下ごしらえをした後、油の具合を確認するため、ナスから揚げて行きます。

※衣の花が咲いて調子良いようです。

 

 

次に、サツマイモを揚げます。比重が高いので沈んで勢いよく泡が立ちます。

 

 

厚く切ったので、揚がるのに時間がかかり、こげ気味に茶色くなりました。

 

 

次に、炒飯の下ごしらえをします。 ピーマン、人参、玉ねぎ、ソーセージを細切れにします。卵1個を準備します。

 

 

フライパンで、野菜のみじん切りを炒めます。

 

 

野菜に火が通ったら、ご飯を入れてほぐしながら炒めと、最後に卵を入れて強火で素早く混ぜ合わせて炒飯の完成です。

 

 

お皿に盛り付けます。 美味しそうに仕上がりました。

 

 

赤だしみそ汁を添えていつもの軒下レストランで頂きます。 まだツクツクボウシが鳴いていますが、コウロギの鳴き声の方が大きくなり、吹いてくる清々しい風は秋の気配が感じられるようになりました。

9月の粗大ゴミの日

 工作工房の粗大ゴミを捨てる日が来ました。朽ちた物や古くて使わな物、将来にわたって使う予定がない物は捨てることにします。

 いろいろゴミと化した物が結構あるものです。年数が経った電気製品は動作不良となり、交換する部品が無い物は残念ながら捨てることになります。古くなった工具や木工用の道具などたくさんありました。収集場所までは、愛車の荷台に積みこんで運びました。

 

今月も粗大ゴミを捨てる日が来ました。 これは、テープデッキと、レコードプレーヤー、回転が不安定で再生不能になった物

 

 

工具箱や、農機具、ホットプレート、空気入れなど・・・

 

 

大きなディスクグラインダー 年期もの

 

 

60年以上昔の古い鋸がたくさん、収納箱ごと捨てます。

 

 

木製のダイニングテーブル。 かなり朽ち果てている。

 

 

積み込もうとして裏返したら、基部はしっかりしていることが判明。

※基部を使って、しっかりしたテーブルに再生することにしました。

 

 

朽ち果てた、天板のみを捨てることにしました。

 

 

大型のポリのごみ入れ、年数が経って朽ちてひび割れした物 2個

 

 

小学5年の時に作った天体望遠鏡 レンズが割れて使用不能に。

 

 

愛車の荷台に積みこんで収集場所まで運びます。

 

台風14号で被災した野菜や花の修復

 工房の畑では、台風14号の強風で、ハヤトウリ、コスモス、皇帝ダリア、ヒマワリなどが倒れたり、折れたりしていました。

 ハヤトウリは、棚づくりにしてますが、茂った葉で風を受けたようで柱ごと倒れていました。近所の人と苦労して起こしましたが、三脚で仮の復旧です。ちょうど実が付き初めた頃で、仮の形で実を育てていきます。

 

工房の畑に植えているハヤトウリは、台風の強風で倒れてしまいました。

 

 

反対から見たところ、茂った葉で風を受けて柵が地面にまで倒れています。

 

 

近所の人と力を合わせて、何とか仮に起こすことができました。これ以上上げると茎が折れるので、この形で様子を見ることにします。

 

 

実をつけ始めたハヤトウリです。 何とか収穫できることを期待しています。

白い実が出来る品種です。

 

 

大ひまわりは、葉がちぎれて倒れた物もありました。もうお仕舞にする頃である。

 

 

直径40cmを超える実を来年のために保管することにし、他は撤収しました。

 

 

コスモスと、皇帝ダリアは、倒れて無残な姿になっていました。

 

 

コスモスは、現状で花を観賞することにして、皇帝ダリアの救済をしました。この茎1本のみ、起こすことが出来ました。 木の杭でしっかり固定しました。

 

 

早速、綺麗な蝶が2匹やってきました。 めでたしめでたし( ^ω^)・・・

間引いた大根で菜飯 &もつ鍋

 台風一過で一気に涼しくなった工作工房。気温は18度でした。畑に植えている大根の間引きをしました。この間引き菜で菜飯を作りました。

 鍋物が食べたくなったので、もつ鍋の食材を買ってきて、軒下レストランで調理しながアツアツを頂きました。透き通った空気で遠くの景色もスッキリと見えます。彼岸花も咲いて秋らしくなりました。

 

間引きをした小さな大根葉で菜飯を作ります。 

 

 

綺麗に洗って、大きな鍋で塩ゆでにします。

 

 

10分くらい茹でたら鍋から出して、2cmくらいの長さで短冊型に切ります。

 

 

温めたご飯に、茹でた大根菜と少しの塩を入れて混ぜ合わせて菜飯の出来上がりです。

 

 

茶碗によそおいます。 美味しそうに出来上がりました。

 

 

軒下レストランに調理機材や食材を揃えて、もつ鍋の調理開始です。

もつ煮と、おつまみホルモン、ニラ野菜パックを使います。

 

 

電気コンロで熱した一人鍋に、食材を一気に入れて煮ていきます。

 

 

野菜類が煮えたら出来上がり。 お皿に少しづつ入れてアツアツを頂きます。

モツがたくさんあって嬉しいです。

 

 

大根の菜飯、大根の煮びたし、ナスの浅漬けと共に頂きます。

※美味し過ぎて箸が止まらない( ^ω^)・・・

 

 

台風一過で空気が澄んで、清々しい軒下レストランです。気温は一気に18度まで下がりました。 コウロギの鳴き声が秋らしいです。 が、まだ遠くでツクツクボウシが鳴いていました。