工作工房製作奮闘記

何でもセルフで工作出来るように、古民家に工房を作っています。

モールス通信用エレキー 自作品3例

 無線通信において、一世紀も前からモールス通信は、なくてはらないものです。

アマチュア無線を開局にあたってモールス通信するために、縦ぶりの電鍵で練習しましたが、運動神経が悪い上に、音痴ときては、正確な符号は打てません、そんな時、中学時代の恩師からエレキーと言うものがあるよと聞かされました。

早速、そのエレキーなるものを自作して、開局にこぎつけました。1971年開局、もう50年超になります。当局が自作して現存する3台を今回ご紹介致します。

 

f:id:kon3815:20211028001633j:plain

サーキットハウスのN9BQtypeのキットを使った、C-MOS ICで構成されたエレキーです。1997年に製作。 回路を一部改造して真空管式の送信機にも使えるようにしています。のこぎり歯を使ったパドルを内蔵しています。

 

 

f:id:kon3815:20211028002308j:plain

パドル部分の拡大写真 左右に取り付けたボルトから、ドットとスペースの接点を出力する。 円盤は圧電ブザーで符号のモニター用 電源は、9Vの積層電池です。

 

 

f:id:kon3815:20211028002808j:plain

1970年に開局準備中に製作した回路を2016年に復刻版として製作した真空管式のエレキです。 小さなケースの中にGHDのミニパドルを内蔵しています。外部パドルも並行して使えるように配慮している。 20文字/分から120文字/分まで任意に変速可能。

※小さなケースに時計のように精密に部品を入れて組み立てた力作です。

 

 

f:id:kon3815:20211028003434j:plain

背面の様子、使用真空管は、MT管で、12AU7と6AV6の2本、モールス符号の出力は、LANケーブルで接続、電源は、AC100Vです。消費電力は、3W程度

 

 

f:id:kon3815:20211028003829j:plain

ケースを取り付けた状態  FT-817より小型です。 ケースは鉄製。

 

 

f:id:kon3815:20211028004057j:plain

エレキーが日本で最初に公開されたのは、1940年10月戦前のハムJ3GC局でした。

この時に使用されたであろう真空管を使った古典式の真空管式エレキーです。

使用真空管は、ST管でKX-12F 1本、UY-76 3本です。

ケースは、当時に合わせて木製です。 2020年に製作したお気に入り品です。

 

 

f:id:kon3815:20211028004858j:plain

真空管式エレキーの内部、意外に簡単な回路です。高速リレーを使って、120字/分まで正確に符号を出力出来ます。 

 

 

f:id:kon3815:20211028005113j:plain

背面から見たエレキー。 符号出力は2回路あり、LANケーブルで接続する。

パドルは、外部のみ。

 

 

f:id:kon3815:20211028005354j:plain

レトロ調のエレキーをシャックにビルトインした様子。GHDのパドルを使っています。

※このエレキーについては、CQ誌2020年5月号P158~161に掲載されています。

 

 

f:id:kon3815:20211028005740j:plain

これらのエレキーを使って交信した局の中で、特に嬉しかった局のQSLカードです。

この、SM6CVX局とは、夏の50MHzで交信しました。 559/559で交信成立。4カ月後にビューロー経由でカードが届き転送の速さにびっくりです。

 

 

f:id:kon3815:20211028010312j:plain

CQ誌に毎月モールス通信の記事を掲載されているYLさんのQSLカード

移動運用やコンテストで何度か交信頂いています。

 

古民家 屋根の上に無線のアンテナ設置

私にとって、田舎の良いことは、人工的な雑音が無いため無線通信に適していることも挙げられます。 昨年秋に古民家の屋根の上に大きな無線通信用のアンテナを設置したので、ここで概略をまとめました。

手軽に設置可能な「ルーフタワー」方式で工事をしました。 手順は次のとおり

・40年前に使っていたルーフタワーを清掃・ネジの交換・塗装

・マストベアリング、アンテナを回転させるローテーターの整備

・屋根の梁の部分に支線を支える金具の取付 4方向各2個づつ

・瓦保護の枕木を敷き、ルーフタワーを仮置き

・被服鉄線でタワーを仮固定、ローテーター、ベアリングを取り付け

・単管パイプをマストとして、垂直となるようタワーの位置を調整

・14Sqの被覆メッセンジャーワイヤーを4方向2本づつ取付、張力調整

・アンテナの取付、同軸ケーブル配線をして完成

f:id:kon3815:20210501002501j:plain

古民家の屋根の上にアンテナを取り付け 占有面積30平方メートル 巨大です

f:id:kon3815:20210501002712j:plain

40前まで使っていたルーフタワーを整備 錆を落とし塗装する

f:id:kon3815:20210501002850j:plain

マストベアリング、ローテーターの整備 ステンレスボルトに交換

f:id:kon3815:20210501003036j:plain

ローテーターへ、コントローラ用ケーブル配線

f:id:kon3815:20210501003209j:plain

屋根の梁に支線取付金具を取り付け 4方向各2こづつ

f:id:kon3815:20210501003334j:plain

瓦の上に枕木を置いて、ルーフタワーを仮置き

f:id:kon3815:20210501003428j:plain

枕木を横方向から見る 240kgの加重に耐えられる

f:id:kon3815:20210501003545j:plain

ルーフタワーを被服鉄線4本で仮固定する

f:id:kon3815:20210501003642j:plain

タワーにマストを刺して垂直となるよう慎重に調整

f:id:kon3815:20210501003802j:plain

被覆メッセンジャーワイヤーでタワーを頑丈に固定

f:id:kon3815:20210501003905j:plain

これでタワーの設置は完了、あとはアンテナ取付のみ

f:id:kon3815:20210501004013j:plain

アンテナを取り付け 一番大きいのはアメリカ、モズレー社のTA-33

f:id:kon3815:20210501004214j:plain

同軸ケーブル等の配線 日焼けしないようスパイラルスリーブを巻き付け

 世界中の無線家達と思う存分、無線通信を楽しみたいと思います。 

 ※最後までマイナーな記事をお読み頂き、ありがとうございます。

コロナ禍でも海外から航空便でカードが届きました。

 国内の局からはダイレクト便でカードを頂くことは全くないのに、海外の局からは時々ダイレクト(航空便)でカードが届いています。

 昨年からコロナ禍になって航空便はめっきり少なくなったとニュースなどで見聞きしますが、数局の方から航空便でカードが届いています。

 このご時世、封書が届くとウイルスが付いていないかとドキドキしながら開封します。手袋をしてハサミで封を切り、ピンセットで取り出します。

 よく来るのは、アメリカとドイツです。

今日、写真を撮る時に気づいたのですが、タイから来た封書のスタンプは切手と併用したような紙が貼り付けてありました。

重量、0.008kg 料金19バーツ ←日本円に換算して64円ほど??

 アメリカのN0TB局は、ノビス級時代のコールサインサフィックスが当局と同じ事に気づきました。 ※わざわざダイレクトで送ってくださった意味がわかりました。

50MHzのFT8で交信しました。

※広大な土地の中に、50MHzの巨大なアンテナが写っています。

f:id:kon3815:20210326002957j:plain

コロナ禍の中、航空便の封書でカードが届きました

f:id:kon3815:20210326003129j:plain

タイからの封書 切手とスタンプが併用 象のイラスト入り

f:id:kon3815:20210326003340j:plain

アメリカからの封書 カードには巨大なアンテナが写っている

 

新スプリアス対応やっと完了しました。

 昨日、JARDからスプリアス確認保証通知書が届きました。

一昨年、固定局の対応が完了し、今年の年明けから移動局の対応をしていました。

今月初旬、保証願書と、強度確認届書を提出しました。

 当局は、付属設備に加え、付加装置のトランスバーターを17台所有しているので

書類作成に大変な労力を要しました。

総合通信局やJARDの方に電話して相談に乗ってもらいました。

昭和の時代の無線機は廃止届を済ませてから申請をしました

 付加装置が多いので届書は、4枚になり保証料も高額になりました。

 金色の保証シールが届いたので、お気に入りのFT-817に貼り付けしました。

このFT-817はトランスバーターを付加して24GHzまで運用可能です。

 写真のように移動実験をしていると通りすがりの人に「放送局の方ですか❓」とよく声を掛けられます。

f:id:kon3815:20210319004645j:plain

マイクロ波帯の移動実験 放送局の人と間違われる

f:id:kon3815:20210319004953j:plain

新スプリアス確認保証シール 嬉しい金色

f:id:kon3815:20210319005220j:plain

FT-817 赤いシールを剥し保証シールを貼る

 

懐かしい スクエローアンテナの改修

 工房製作中の納屋の屋根裏部屋にスクエローアンテナがあるのを発見しました。

50年近く経っているので、ほこりと錆でボロボロの状態でしたが、欠品はないようなので改修することにしました。

 まず水洗いして埃を除去し、サンドペーパーとワイヤブラシでエレメントを磨き、塗装をし、ネジ類は新品と交換しました。

同軸ケーブルを直付けし、ショートバーの位置を調整して完了となりました。

 かつて、1970年当初はこの利用者が多く、エレメントを丸く曲げたヘイローアンテナの局も多くいました。

青少年の入門バンドである50MHzは当時は大変賑わっていました。

リグは、TR-1100やTR-1200、FDAM3、1973年になってRJX601が大流行しました。

 当局はTR-1200とこのアンテナで近くの山へ移動運用をしていました。

懐かしいアンテナがよみがえったので、リグと併せて記念撮影しました。

夏場のEsシーズンに使ってみようと考えています。

f:id:kon3815:20210310231221j:plain

ピカピカに蘇った50MHz スクエローアンテナ

f:id:kon3815:20210310231457j:plain

発見時 ほこりと錆でボロボロの状態だった。

f:id:kon3815:20210310231602j:plain

ほこりと錆を取ってシルバーで塗装

f:id:kon3815:20210310231715j:plain

同軸ケーブルをエレメントに直付けし、ショートバーを調整

f:id:kon3815:20210310231831j:plain

補修完成 屋外に立ててみました。青空が似合う

f:id:kon3815:20210310232028j:plain

TR-1200とRJX601 このアンテナにピッタリ合います。

 

スーパーマルチバンドアンテナを設置

 1.8MHz~50MHzまでを1本のエレメントで同調させることができる魔法のような

アンテナを設置しました。

これは端部給電半波長(EFHWs)アンテナと言いい、エレメントの長さを42mに設定することで可能になります。

 

 以前、CQ誌のテクニカルセクションの記事で見て気になっていたアンテナでした。

3.5MHzの半波長40mより少し長い42mにすることで、3.5MHzを始め、整数倍の7,14,21,28MHzは基本的に同調し、WARCバンドの10,18,24MHzもリグ内蔵のチュー

ナーで同調が取れます。

 

 給電部はマッチングトランスを塩ビ管に入れて竹竿で支持し、反対の端部は絶縁碍

子でエレメントを止め、竹竿で建柱しました。

エレメントは、1.6mmのステンレス線を42m使いました。

工事完了後SWRを確認すると、1.8MHzや1.9MHzに加え50MHzでも同調が取れました。

 HF+50MHzのリグだと全てのバンドがこのアンテナ1本で運用可能です。

まさにスーパーマルチバントアンテナです。

アースは不要で大助かりでした。

ゲインは、各バンドの半波長のダイポールアンテナと同等の使用感です。

 昨年新しく配分された1.8MHzのフォーン周波数帯でも交信を楽しんでいます。

※1.8MHz帯は、1/4λのホイップアンテナとして動作しているみたいです。

f:id:kon3815:20210305235115j:plain

給電部の様子 支柱は高さ7mの竹竿を使用

f:id:kon3815:20210305235233j:plain

端部の様子 8mの竹竿を使用 田んぼの一角に建てる

 

真空管式エレキーの製作

 1940年ころに製造された真空管を使ってエレキーを作ってみました。

無線の専門誌によると、戦前すでにエレキーが考案されていて高速で正確な

キーイングで交信に使われていたようです。

 そこで1940年ころに製造されたであろう真空管を探して自己流の回路で組み立ててみました。

 並四ラジオに使われていた、UY-76とUX-12の組み合わせで動作させることができました。

 80年経った真空管ですが今でも正確に動作します。 驚きです。

 速度は、120文字/毎分まで出せることが出来ます。

f:id:kon3815:20210302212138j:plain

1940年に製造された真空管を使ったエレキー

f:id:kon3815:20210302212325j:plain

エレキーのシャーシー内 コンパクトに仕上げました。